三大疾病保障保険について

三大疾病保障保険という生命保険をご存知でしょうか。
三大疾病保障保険とは、三大疾病(脳卒中、ガン、急性心筋梗塞)に対して保障を行ってくれる生命保険となっています。
三大疾病は、日本人の死因の中でも、大部分を占める病気であると言われています。
三大疾病のいずれかにかかってしまった場合、高い治療費が必要になります。
しかし、高い治療費を払うことが出来ないという人も、少なくないと思います。
そこで用意されたのが、三大疾病保障保険というわけです。
三大疾病保障保険は、定期保険か終身保険から、どちらの保障を受けるか選択することになると思います。
定期保険は、一定の期間のみを保障してくれる生命保険となっています。
一方、終身保険は、死ぬまで保障してくれる生命保険となっています。
終身保険は、死ぬまで安心して利用することが出来ますが、保険料が高いというデメリットもあります。
それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、定期保険か終身保険かを選ぶようにしましょう。
また、三大疾病保障保険の注意点として、加入してから、ある程度の期間が経過しないと、保障を受けることが出来ないという点です。
脳卒中は、三大疾病保障保険に加入してから、60日経過していないと、保障を受けることが出来ません。
ガンは、三大疾病保障保険に加入してから、90日経過していないと、保障を受けることが出来ません。
急性心筋梗塞は、診断日から60日以上経過し、就労に制限がかかった場合にのみ、保障を受けることが出来ます。